バイアグラ ed

MENU

バイアグラとED

バイアグラ,通販,100mg,ed,個人輸入,本物,ファイザー,安い

販売当初には、「夢の薬」とまでいわれ、多くのEDに悩む男性の救世主となってきたバイアグラですが、すべての人のEDに対して効果があるというわけではありません。バイアグラを性の万能薬であるかのように宣伝しているサイトなどもありますが、この点は過大広告になっているといえます。

 

 

アメリカで行われた臨床試験のデータでは、74%のED患者に効果があったというデータが出ています。この数値は、日本で行われた試験よりも低い数値ではありますが、被験者に身体機能が衰えていると考えられる70代、80代の男性を含めて行われたものですから、その分を差し引けば、かなりの高率で効果を発揮しているといえるでしょう。それでも、全ての人に効果があるわけではないことには変わりありません。

 

 

では、どのような人にバイアグラは効果的なのでしょうか。

EDには、体の機能に問題がある器質性EDと呼ばれるものと、精神的な原因による心因性EDと呼ばれるものとがあります。器質性のEDは、60代以上の人では割合が高くなってきますが、若くなるにつれ、心因性のEDの比率が上がっていきます。
心因性のEDの原因となっているのは、多くの場合、精神的なストレスです。ストレスを原因とするEDの場合は、バイアグラはかなりの高確率で効果を発揮します。
器質性のEDの場合も、バイアグラでの治療が可能である場合が多いのですが、例えば勃起を司る神経の損傷が激しいような場合、血流の障害が著しい場合には、残念ながらバイアグラの効果がないこともあります。

 

 

心因性ED

人の体の機能は、交感神経と副交感神経という2つの自律神経の働きによって制御されています。交感神経は、人は積極的に行動しているときに活動する神経であり、副交感神経は人がリラックスしているときに活動する神経です
このうち、勃起にかかわっているのは、副交感神経です。副交感神経が優位になると、血管が拡張して、陰茎にも血液が流入しやすい状態になります。ところが、緊張状態が続き、交感神経が優位になると、血管が収縮している状態が続き、陰茎にも血液が流入しにくく、陰茎が萎縮した状態になってしまいます。つまり、ストレス状態が続いて自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位になる状態が続くと、EDになりやすくなるのです。
このようなストレスをもたらすものの中でも、特に多いのが、性行為自体がストレスとなってしまう場合です。過去に性行為に失敗した経験があると、「今度は成功させなければ」という思いがプレッシャーになって、ますますストレスが強くなるという悪い連鎖が起こります。こうなってくると、焦れば焦るほど勃起しなくなってしまいます。これも心因性EDの例です。

 

器質性ED

器質性EDの例としては、交通事故などで脊髄に損傷を受けた場合や、糖尿病などの基本疾患から動脈硬化が進行し、陰茎に血液が上手く流入しなくなったような場合があります。このように、怪我や病気を原因とするのが、器質性EDの例です。

 

 

バイアグラでも効かないED

バイアグラも万能ではありませんから、効果がない場合があるのは事実です。
バイアグラは性的な刺激を受けたときに、陰茎に血液を流入させやすくすることで勃起を促す薬です。したがって、交通事故などで脊髄を激しく損傷した場合のように、そもそも性的な刺激が陰茎に伝達されなくなっているときや、動脈硬化が進行して、血流がひどく妨げられているような場合には、さしものバイアグラも効果を発揮できません。もっとも、神経の損傷や動脈硬化の場合でも、軽度のものであれば、バイアグラは効果を発揮しますから、試してみる前に諦めるべきではありません。

 

 

上記は器質性EDの場合ですが、心因性のEDの場合は、バイアグラは、ほとんど100%に近いくらいの確率で効果を発揮します。バイアグラの効果によって、体は勃起しやすい状態になっていますから、普段はストレスなどによって性的な刺激に反応しにくくなっている人であっても、勃起できる場合が多いのです。
特に、過去の性行為の失敗がストレスとなってEDになっているような場合には、ED自体が治ってしまうこともあります。心因性のEDの場合は、もともと身体的には異常がないのですから、バイアグラの効果によって勃起することを繰り返しているうちに、精神的なストレスから開放されると、心因性のEDは治ってしまうのです。

 

 

このように、バイアグラは、多くの場合に効果を発揮するED治療薬ですから、EDに悩んでいる人は、医師の診察を受けて、バイアグラを処方してもらって、使ってみていただきたいと思います。