バイアグラ 仕組み

MENU

バイアグラが効く仕組みと副作用

バイアグラは、ED治療に効果を発揮する薬です。具体的には、勃起を促進する効果がある物質を分解する酵素の働きを抑えることで、勃起を可能にする薬です。

 

 

もう少し詳細に見ていくと、まず、性的な興奮が脳から伝達されると、血管拡張作用がある一酸化窒素が分泌されます。そして、一酸化窒素が筋肉や血管に作用すると、サイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が分泌されます。サイクリックGMPは、平滑筋を緩め、血管を拡張させて、陰茎に血液を流入させます。こうして、流入した血液で陰茎がパンパンに膨らんだ状態が勃起です。

 

 

そして、人体には勃起を沈める機能も備わっています。それがPDE5という酵素です。PDE5には、サイクリックGMPを分解して、勃起を沈静化させる働きがあります。このPDE5の働きを阻害して、サイクリックGMPを分解させないことで、サイクリックGMPの濃度を高め、勃起をしやすくするのが、バイアグラの効果です。

 

 

バイアグラには、このような仕組みでEDを改善するのですが、バイアグラの血管拡張作用は陰茎周辺だけではなく、体内全体にも影響があります。要するにお酒を飲んだ時のように体全体の血行が良くなるのです。これらの作用によって、顔がほてったり、頭痛が起きたりします。これがバイアグラの副作用が生じる仕組みの一つです。これらはバイアグラが効いている証拠ともいえるものなので、通常はバイアグラの効き目が切れるとともに消失します。もし、副作用が強く出たり、長時間持続したりする場合は、医師の診察を受けてください。