バイアグラ 個人輸入

MENU

バイアグラ通販利用の注意点

バイアグラを購入するには、医師の診察を受けて処方箋をもらうのが原則ですが、個人輸入の方法であれば、処方箋がなくても買うことができます。個人輸入をする場合、自分で海外の業者から直接買うこともできないわけではありませんが、手続が面倒ですし、ある程度の語学力がないと難しいと思います。

 

 

この点、個人輸入代行業者を使うと、ほとんどネットショッピングをするときと同じ感覚で、簡単に手続をすることができます。ネット上で注文して、カードなどで決済すれば、あとは自宅で待っているだけでバイアグラが手に入ります。

 

 

この場合に注意すべきなのは、偽物を販売している悪質な業者と取引をしないことです。
個人輸入代行業者のサイトの中には、激安を売り文句にしているところがありますが、あまり極端に安い価格を打ち出している業者は、疑ってかかったほうがいいでしょう。
また、会社の所在が明らかになっていない、メール以外の方法(電話やFAX)で注文を受け付けていないといった業者は、会社としての実体が希薄な会社ではないかと疑われます。逆に、決済をカード払いで行っている会社は、カード会社による審査を通過しているはずなので、一定の信用性が担保されているといえます。銀行振り込みのみという会社は、信用性が下がります。
また、サポートセンターが用意されていて、不明な点はいつでも問い合わせることができる体制をとっている会社は、信用性が高いといえるでしょう。

 

これらの複数の要素を勘案して、信用のできる業者を見極めるようにしてください。