バイアグラ 副作用

MENU

バイアグラの副作用について

バイアグラは、正しい服用方法を守って服用している限りは、重大な副作用はほとんど生じない安全性の高い薬です。しかし、薬効がある以上、何らかの副作用があることも事実です。以下では、バイアグラを飲んだ際に生じる副作用について、ご紹介します。

 

 

代表的な副作用は

バイアグラの副作用として最も多いものは、顔のほてりや赤らみです。これは、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルに血管拡張作用があるために起こるものですから、基本的に心配はありません。薬が効いてきた証拠でもあります。
そして、軽い頭痛を感じる人もいます。市販の頭痛薬を服用することもできます。鼻水や鼻づまりも比較的多い症状です。これらの症状よりも発生頻度は下がりますが、下痢などの消化不良や胃痛なども見られます。これらの副作用ですが基本的にバイアグラの効果が収まるとともに、症状も消失します。もしもこれらの症状が5時間以上(バイアグラの持続時間)もの長時間続いたり痛みが激しいときは医師に相談するようにしてください

 

 

稀な副作用

また、もっと稀な副作用としては、視覚異常があります。光が眩しく感じられたり、物が青っぽく見えたりします。びっくりするかもしれませんが、これもクエン酸シルデナフィルの作用によるものなので、薬の効果が収まるとともに、症状も消失します。
また、発生頻度はかなり低いものなので、あまり心配する必要はないのですが、持続性勃起症という症状が生じることがあります。これは痛みを伴う勃起が数時間(4時間以上)続くというものです。放置しておくと勃起機能を喪失することもあり、急いで措置をする必要があります。万一この症状が出た場合には、早急に医師の診察を受けてください。